暑い夏を乗り切るための秘策

 この夏も暑いねぇぇ・・・

 そんな中、夏バテしてませんか?

 ボクは今まであまり夏バテの経験はあまりないし、熱中症にもなったことないよなぁぁ・・・むしろ夏は異様に食欲で太利するのですが・・・

 それでもやはり夏のこの暑さは辛い

 特による寝苦しいのは何年経っても苦手ですな・・・

 しかしながらこの夏ちょっとしたことから新たな対応策を練ってみました・・・おそらく今のところボクには合っているようです・・・

 それは・・・

 まずは食前の『タマネギの皮スープ』を飲むことです。

 これは結構流行っているそうですが、タマネギの皮にはコレステロールや血糖値を下げる成分が多く含まれているそうです。(実際には血糖値を上げにくくする成分なんだとボク的には思っているが・・・)

 タマネギの皮があまり手に入らないようなら粉末がお薦めです。

 うちの場合はタマネギの皮、ゴボウ、舞茸、ショウガなどを煮込んだスープにしています。食前に飲んで10~15分後に食事する・・・ってな感じです。最初の1週間は朝夕の食前、その後は夕食前だけで良いみたいです。

 ボクはこれを飲み始めてからは腸の調子が良くなりましたね。血糖値は計ってないからわからないけど義父は良くなったそうですよ。
 http://www.long-life.net/newpage3-7.htm


 次に、足つぼマッサージに最近通っています。

 これは、よくテレビでお笑いの方々が罰ゲーム的に足裏を押されて悶絶するのあるじゃないですか。あれです。

 ボクが通うのは『ドクターフット・池袋店』です。ここは足つぼ30分、60分や手のマッサージ30分、60分コース。女性には最適な角質コースや巻き爪解消コースなどがあります。

 足つぼはテレビで見るほど転げ回るようなことはないけど、まぁ気持ちはわかります。

 女性スタッフもいるのですが、まぁこれが容赦のない痛さです。でも、不思議なくらいほぐされて老廃物が流れてしまうと痛くないんだな・・・そして軽くなるんですわ・・・
 そして手のマッサージも痛いところはあるのですがリラックスできる内容ですよ・・・
 http://www.dr-foot.co.jp/
 
 そして〆は家でのお風呂です。

 最近は20分間の足湯。そして20分の半身浴でたっぷりと汗をかくんです。上がった後は給水をしっかり取って寝るのですが、これがまた朝までぐっすりと寝れるんです。暑い夜でもほぼ寝汗をそれ程かかずに途中で暑くて起きることもなく・・・これマジ快適っすわ
 (やらずに寝ると朝、首元にたっぷり汗かいてるもんね・・・)
 リラックス効果もあるし、目の下のクマさんも心持ちなくなってきたように思えますよ。
 
画像


 暑いこの夏を快適に乗り切るため一役となれば幸いです。お役立て下さいな

この記事へのコメント

健康雑誌「はつらつ元気」編集部より
2014年11月28日 17:22
突然のメッセージ失礼いたします。健康情報月刊誌「はつらつ元気」編集部の富澤と申します。はつらつ元気は毎月2日株式会社芸文社が全国発売している健康情報誌です。
次号の小誌では、【玉ネギスープ】の特集を企画しております。今回、監修として堀田忠弘先生にご登場いただきます。情報を調べるなかで、過去の貴ブログ、2014年8月4日の記事で、玉ネギスープを飲み始めてから腸の調子いい、お父様は血糖値も下がったことが書かれていたのを拝見いたしました。そこで、ご体験をぜひ取材させていただければと思い、メッセージを入れさせていただきました。取材は電話またはメールにてお願いできればと考えております。掲載時のお名前の仮名/実名、お顔写真の掲載の有無は問いません。
お忙しいところ恐縮ですが、メールにて取材の可否をご連絡いただけないでしょうか?
アドレスはtomikie57●outlook.jp(●を@に替えてください)です。何卒よろしくお願いいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
健康月刊誌「はつらつ元気」編集部 富澤希恵
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-18-30 ファースト日野ビル6F
TEL:03-5956-6471 FAX:03-5956-6291
HP:http://geibunsha.co.jp/mag/genki/p/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
OH様。
2014年12月04日 14:40
 富澤様>
 お世話になります。
 コメント有難うございます。
 玉ねぎスープの効果は確かにあったそうです。ただ、現在は義母の体調がすぐれない為作る人がおらず飲んでいないみたいです。
 飲んでいた頃の体験談であれば聞いてみても良いのかなとは思いますが、義父に確認してみますので少々お待ちいただけませんでしょうか。
 宜しくお願いいたします。

この記事へのトラックバック