ビデオグラフティ 『大脱出』を観ました

 シルベスタ・スタローンとアーノルド・シュワルツネガーの共演が実現した映画『大脱出』
画像


 期待をして観てみました。

 感想は・・・

 『良くわかんな~~い』

 この映画は、セキュリティ・コンサルタント=脱獄のプロであるレイ・ブレスリン(シルベスター・スタローン)が何者かの手によって拉致され、犯罪者の汚名を着せられ世界中の重犯罪者たちから恐れられ、一度入れば二度と出ることが出来ない自らも設計に関わった巨大な監獄、絶海に浮かぶタンカーの中にある監獄へ投獄される。
 自分を罠にかけた組織の陰謀を暴くため、この監獄の脱出計画を練り始め、凶暴な手下たちを率いる囚人たちのボス、ロットマイヤー(アーノルド・シュワルツェネッガー)と接触することとなる。

 そして、監獄の中での拷問等にも耐えながら・・・最後に待ち構える驚きの結末・・・

 といったところか・・・・

 でも正直、途中で眠くなってしまった。

 先が読めるし、いささか工夫がないな。と感じてしまいましたねぇ・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック