書くことを考えてみよう

 今日から7月。

 1年の進み具合が年々早く思えてならないのは年齢のせいでしょうか・・・

 それとも仕事が忙しすぎるから?不景気が我々建設業界では受注金額の低さ、それを更に価格競争でディスカウント入札してしまうものだから、工期短縮をもくろみ、さらには人件費削除と言う「負のスパイラル」だからなんだろうなぁぁ・・・

 さてさて、7月は『文月(ふみづき)』と言います。これは語源に、七夕に詩歌を短冊に書いて楽しんだり、書物を夜風に曝す風習からその呼び名となったと言われています。

 そうですねぇ・・・パソコンやスマホが世の中の中心にいるとどうしても「字を書く」という事から遠ざかっていますね。

 ボクはわりと文字を書く方かな・・・仕事でもそうですよ。図面を書くのもCADで描くよりペンで描く方が多いかな・・・

 今月は文月の名の通り「手で書く」と言うことに少しこだわってみてはいかがかな・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック