ビデオグラフティ 『四十九日のレシピ』を観ました

 何気なく暮らしている家族が突然になくなったら・・・

 遠くで暮らす家族が突然になくなったら・・・

 ボクも父を亡くし母親も高齢ですし、嫁の両親もそれなりに高齢ですからその時が来たらどう考えるか・・・というのは他人事ではないんですね・・・
画像


 この映画は連れあいを亡くした男が生きる意味を失います。そこへ亭主の浮気、義母の介護に疲れた一人娘が帰郷します。
 また亡き妻が生前働いていた依存症に侵された子供達を社会復帰させる互助施設での生徒達が四十九日を楽しく執り行うために生きる意味をそれぞれが取り戻すきっかけを見つけ出す・・・そんな映画です。

 確かに形式に則ったことも大事でしょうけど、亡くなった人の思いや生き残った人たちの思いをそれぞれがどのようにとらえるかが大事なんでしょうね。

 最近は家族葬のようにこぢんまりとした葬儀も多いようですがこの映画のように楽しく送り出してあげるのは悪くはないですね・・・

 是非、ゆったりと下気分で観ていただきたい映画です。

 監督 タナダユキ

 出演者 永作博美、石橋蓮司、岡田将生、二階堂ふみ、原田泰造、淡路恵子

 音楽 周防義和

 主題歌 安藤裕子「Aloha 'Oe」

 製作会社  ウィルコ

 上映時間  129分

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック