一本締めと三本締め

飲み会などの最後に行う締め、皆さんはどのような感じでしょうか。

『さぁ一本で締めましょう』と言う時はどのようにしてます?
『よぉ~~っ、ポン!』が多くないでしょうか。

実はこれ、正しくは一本締めとは言わないのです。

正しくは、『シャシャシャン、シャシャシャン、シャシャシャン、シャン』とやるのが一本締めです。

これは、三拍子が三回で九つ、そして最後の一つで九に一つの点がついて丸く収まる・・・的な江戸っ子のシャレが利いているんですね⌒(ё)⌒

或いは、九が苦しいを連想させるので、最後の一つで吹き飛ばす的なこれも江戸っ子のシャレが利いているんです。
 https://www.youtube.com/watch?v=GSYEVFTeYK8

では、三本締めは・・・と言うと、簡単な話、一本締めを三回やるんです。

じゃ、どんなときかと言うと最後の最後に締めるんです。

例えば、建物を造っているとき等は途中の地鎮祭や棟上げの際は一本締め。完成したときは三本締めみたいな感じです。
 https://www.youtube.com/watch?v=WXTpCHfZiZE

では、巷でよく聞く『よぉ~!ポン』は何?ってなことになりますが、これは、諸説あって、一丁締めと言ったり、チョン締めと言ったりするそうです。
 https://www.youtube.com/watch?v=4ABW6-0OZY0

お店なんかで他のお客さんに迷惑がかからないように省略した・・・と言うのがもっともらしい説ですね。

今日は締めについて、お話してみました。

では、この辺で。

『よぉ~!ポンッ!』

違うか・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック