XP最後の日

 4月9日はWindows XPのウィルス対策等についての延長サポートが終了することは既にご承知のことでしょう。

 とは言うものの、明日以降できれいさっぱりこの世からXPマシーンが消えるわけでもなさそうです。

 意識調査をしたところ40%超の企業がXPを使い続けると言っているそうだ。

 かくいうボクの会社の営業担当者もXP問題を知らなくて『別に大丈夫なんじゃないの?』とか言ってる始末だし・・・

 秋葉原では中古のXPパソコンが1万円を切って売っているとの話もありますが・・・



 では、このまま使い続けるとどうなるんでしょうか・・・・
 
 使っちゃいけないわけではなくて、ネットにつなげると新種のウィルスに対するアップデートがマイクロソフト社から受けれないわけでパソコン自体が脆弱な状態であるわけですな・・・・

 なのでエクセルやワード、写真整理や映像の編集など自分だけで楽しむことに使うならば問題はないのですね。

 Internet Explorerに接続してのネット通信は間違いなくウィルスの攻撃に会うようです。Google ChromeやFirefoxのプラウザからのネット接続は少しは持ちそうなのですが安心はできません。

 なので、今のマシン性能が高いのならXPから7や8にグレードアップする事が一番安価なのですがマシンスペックがついていけるかが大きな問題です

 やはり、マシンを新規購入が一番いいようです。

 ただし最近はタブレットやスマートフォンがPCに匹敵する性能を持っているのでそちらでしばらくは代用というユーザーが多いのではないでしょうかね・・・・

 いずれにしても2001年から13年間高性能な汎用性を発揮したXPに感謝と言ったところでしょうかね

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック