ビデオグラフティ 『舟を編む』

 3月に開催された第37回日本アカデミー賞で6部門の受賞を得た『舟を編む』を観ました。先日TVでも放映されていましたね。
画像

 「玄武書房」に勤める営業部員・馬締(まじめ)光也(松田龍平)が、新しく刊行する辞書『大渡海』の編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられ、西岡正志(オダギリジョー)、松本朋佑(加藤剛)など個性豊かな編集者たちが辞書の世界に没頭していく姿を描いた作品なんですが、受賞をしたのが頷けるような良い作品です。

 全編にわたって静かな映画でゆったりとみることが出来ます。恋の話に関しては少し急ぎすぎた展開の感が否めませんが、あまり気にはなりません。

  何気に読んでいる辞書の編作がこんなに大変なものなのか・・・ということが改めて知ることが出来ましたねぇ・・・それと、自分の仕事に向き合う姿勢を改めて考えさせられた作品でした。

 30歳の石井裕也監督のすごさにも脱帽でした。

 監督 石井裕也
 脚本 渡辺謙作
 原作 三浦しをん

出演者 松田龍平
     宮崎あおい
     オダギリジョー
     黒木華
     小林薫
     加藤剛

 音楽 渡邊崇
 撮影 藤澤順一
 編集 普嶋信一
 製作会社 「舟を編む」製作委員会

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック