人日の節句~七草~

 今日1月7日は『人日(じんじつ)の節句』と言います。

 これは、古来中国での呼び名で、1月1日は鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を猪(豚)の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていたそうです。そして、本日7日を人の日(人日)とし、犯罪者に対する刑罰は行わないことにしていたとのことです。
 また、この日には7種類の野菜(七草)を入れた羹(あつもの)を食べる習慣があり、これが日本には平安時代に伝わり七草がゆとなった。そして、それは江戸時代に入ってから一般的に定着し、人日を含む五節句が江戸幕府の公式行事となり、将軍以下全ての武士が七種粥を食べて人日の節句を祝ったと伝えられています。

 諸説有る中で、七草とは元々は『秋の七草』を指すのが語源のようです。『春の七草』は前述した七種と呼んでいたとの説もあります。

 秋の七草とは以下の野草のことです。
 
 女郎花(おみなえし)、尾花(おばな)、桔梗(ききょう)、撫子(なでしこ)、藤袴(ふじばかま)、葛(くず)、萩(はぎ)の七種類です。

 秋の七草に直接何かをする行事は特に無く、秋の野の花が咲き乱れる野原を散策して短歌や俳句を詠むことが古来より行われていたそうで、秋の七草はそれを摘んだり食べたりするものではなく観賞するためのものであったとされています。ゆえに「秋の七草がゆ」というものは無いそうです。

 では、春の七草と今では呼ばれている七種とは・・・

  芹(せり)、薺(なずな)、御形(こぎょう)、繁縷(はこべら)、仏の座(ほとけのざ)、菘(すずな)、蘿蔔(すずしろ)、以上の七種類の植物をいいます。

 では、何故春の七草は食べることとなったのでしょうか。諸説有るのですが、邪気を払い万病を除く占いとして食べると言う説に加え、御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという説もあります。現在ではこちらの方が定説となっているような気もします。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック