『ゼロ・グラビティ  GRAVITY』を観てきました

 『ゼロ・グラビティ GRAVITY』

 監督: アルフォンソ・キュアロン

 出演: サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー
画像


 地表から60万メートル上空において某国の衛星を爆破した破片が宇宙空間を飛散しその影響でスペースシャトルは大破し、船外でミッション遂行中のメディカル・エンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)と、ベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)の二人は、無重力空間《ゼロ・グラビティ》に放り出されてしまう。漆黒の宇宙で二人をつなぐのは、たった1本のロープのみ。残った酸素はわずか。地球との交信手段も断たれた絶望的状況下で、二人は果たして無事生還することができるのか…!?

 という映画です。

 初めて3Dのシアターで観てみましたがなかなかの臨場感なんですねぇぇ・・・

 この映画驚くことに出演者は二人のみ。それで約90分の映画を成立してしまいました。

 結構面白いですよ。

 この映画を観て、ボクの感想としては・・・


 宇宙空間には行きたくないや

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック