『そして父になる』を観てきました

 今日は映画の『そして父になる』を観てきました。
 
画像

 

 6歳の男の子がいる一流企業に勤める優秀な建築技師の夫婦、そして街の小さな電気店を営む6歳の男の子を筆頭に3人の子供がいる夫婦。

 実はこの二組の夫婦の子供が出産時に取り違えられていたことをある日突然に病院側から知らされる・・・

 が、6年間の親子としての時間はそれを簡単に許すことなんて出来るわけがない・・・でもどこかで、『血のつながり』は親子という関係を否定できるわけがない。
 その二つの思いの葛藤が苦しめます。

 そして、そんな思いを当然理解できない子供達。

 家族のあり方も上手く表現されています。子供との距離を縮めて楽しむ家族。子供とて一人の人間として扱い、何でも一人でやらせる家族。

 そんな生活の中で血は繋がらなくとも仕草や癖は似てくるのも親子の証。

 実際に希にあるこのような事態、多くは子供の交換をしてその後の人生を送るケースが多いといいます。

 この二組は何度も会って話し合いを重ねて出す答えは・・・

 一度皆さんも観ていただきたいです。

 http://soshitechichininaru.gaga.ne.jp/
 

 

 ちなみに・・・
 キャスティングは龍馬伝のメンバーが結構多いのが気になったな・・・
 福山雅治、リリーフランキー、真木よう子、ピエール瀧、田中哲司、夏八木勲

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック