おめでとう!

 コナミ日本シリーズ2013は両チーム3勝で並び今日イーグルスのホーム、Kスタ宮城で第7戦を行いイーグルスが3-0でジャイアンツを下しチーム創設9年目にして初の日本一を獲得しましたね。

 結果は4勝3敗でしたが7戦ともイーグルスに主導権があったように思えます。その中で地力に勝るジャイアンツは打力が今ひとつ波に乗れず仕舞いで終わった感が強いです。

 戦前は投手力はややジャイアンツが有利、打力は勢いがあるイーグルスだが総合力で層の厚いジャイアンツ有利の声が圧倒していたように思えた。

 実際、第1戦は亀井のスーパープレーでジャイアンツが勝利したものの先発のルーキー則本を打ち崩すことは出来なかった。結局この1戦の勝利が逆にイーグルスの自信に繋がったようにボクには思える。

 第2戦は台風の影響を考慮して第2戦に回った田中将大の快投でイーグルスが雪辱。

 舞台をジャイアンツのホーム、東京ドームへ移動した第3戦はイーグルスの打線が爆発し5-1で勝利。この試合に先発した美馬が打球を足に当て降板したがジャイアンツ打線を封じてこれも今日の7戦に大きく影響した。

 第4戦は中継ぎ陣が頑張って2勝2敗のタイに持ち込んだが流れがジャイアンツに向いたとは思えなかった。なぜなら、打線に活発さが全く見られなかった・・・逆に言えばイーグルスの投手陣のクオリティの高さが際立っていた。この日負けはしたが先発を任されたハウザーが使える見込みが出来たり中継ぎ陣もそれぞれの役割をこなしていた。

 第5戦はようやく先発した辛島が5回を1安打に押さえ、そのあとを投げた則本が9回に同点にされたものの延長10回まで投げ勝利に貢献した。
 実はこの則本の起用で3勝2敗で王手をかけたもの第6戦以降則本が使えなくなるんじゃないかと思っていました。ジャイアンツに有利な風が吹くものと思っていました。

 監督の星野仙一は阪神の監督時代に3勝2敗でホークスに王手をかけた時の監督インタビューではしゃいだコメントをして残り2戦を落とし日本一を逃したことをボクは印象深く覚えています。

 今回もそこまでではなかったけれどやはり監督インタビューの内容に慢心さを感じていて危険だな・・とは思っていました。
 ただし第6戦は再び仙台に戻りしかも田中将大が先発する。イーグルスにとっては勝利が約束されたも同然だったと思います。

 しかし、そこはジャイアンツ今年1度も負けたことのない田中将大を攻略して3勝3敗のタイでいよいよ最終戦決着となったわけです。そしてこういう流れはジャイアンツに向くものなのですが・・・どうしてもそう思えない雰囲気がありました。

 そして迎えた今日の第7戦。

 これはここで語るまでもないとは思います。

 イーグルスにとってもプロ野球界にとっても歴史的な1戦だったんじゃないかな・・・と思います。
 でもこの勝利は絶対に、選手だけの力ではないはずです。スタンドを埋め尽くしたファンや東北の方々の力が結集したものであろうかと思います。
 ただ、勝負を度外視しても感動的なものを見ました。

 でもやっぱり今日も監督インタビューはなんだかなぁぁ・・・ってなかんじでしたね・・・

 さ、そしてこれからは楽天のホームページがセールで大変なことになってます。
 ボクも買い物しよっと

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック