おもてなしのこころ

 日本の将来を決めた言葉の一つである、『おもてなし』

 言葉だけが先行してしまうのは日本人の悪い癖というか風習ですね・・・


 本来の言葉は『もてなし』に丁寧語の『お』をつけたものです。

 意味はお客様に応対する扱い、待遇とも言われているそうな。

 またある意味では、「表裏なし」つまり表裏のない「心」でお客様をお迎えする事とも言えるそうです。

 この「おもてなし」には目に見える「もの」と、目に見えない「こと」があります。

 お茶の席ではお客様に合わせた掛け軸だったり、茶器だったりが「もの」これは眼で感じたり、味を感じたりすることですな。

 一方の「こと」とはお客様に対しての作法などの仕草や言葉を言うそうです。

 確かにお店で食事をしていてタイミングよくお料理が出てきたり、お給仕の仕方がさり気なかったりするとこちらは気持ちのいいものですよね。

 これらを称して『おもてなし』なんですねぇ。

 そうして日本人ならではの『わびさび』も必要なアイテムなんでしょうね。

 さらには僕の好きな言葉のひとつでもある『一期一会』も相通ずるところがあるんでしょうね。

 ん~~、日本人っていぃなぁぁぁ~~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック