重陽の節句

 今日、9月9日は五節句の最後で『重陽(ちょうよう)の節句』だそうです。

 節句といえば、『桃の節句』、『端午の節句』だけと思っていました。

 本当は日本の暦の一つであり(「暦」も参照)、伝統的な年中行事を行う季節の節目(ふしめ)となる日のことを言うらしいんです。

 人日(じんじつ) 1月7日 七草の節句

 上巳(じょうし) 3月3日 桃の節句・雛祭

 端午(たんご) 5月5日 菖蒲の節句

 七夕(しちせき) 7月7日 七夕(たなばた)

 重陽(ちょうよう)9月9日 菊の節句

 以上の5回が節句というのだそうです。

 で、それぞれに食べる料理がありまして、人日は七草粥、上巳は菱餅や白酒、端午は菖蒲酒を飲み、関東は柏餅、関西はちまきを食べ菖蒲湯に入る風習があり、七夕は素麺、重陽は菊を浮かべたお酒を飲むのだそうです。

 まぁ、あまり馴染みのない節句ではありますがちょいとそんなことを調べるのも秋の夜長には楽しいもんだわ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック