今日の『あまちゃん』

 NHKで放映中の朝ドラ『あまちゃん』毎日見ている人多いですよね。ボクもその一人です。

 今日の放送を見た方はいろいろ複雑な思いや、あの日のあの時を思い出したことと思います。

 2011年3月11日の日を描いたのが今日の放映でした。


 脚本の宮藤官九郎の設定の仕方はすごいなぁと感心したのはボクだけだろうか・・・

 このドラマは第1回から時折出てくる観光協会に置いてある北三陸の街を表したジオラマ模型。

 今日の放映では地震当日の映像は一切流さず(特に津波の襲ってくる映像)ジオラマ模型でそのさまを表した。

 それだけでも言葉を失うくらいだったし・・・

 それはきっと今まで嫌と言うくらい映像を見てきたし・・・

 奇跡の車両と言われた電車の表現も、駅長の大吉さん(杉本哲太)やゆいちゃん(橋本愛)の電車を降りてトンネ

ルの出口から北三陸の街を見た瞬間の表情は今までの中で一番胸が詰まりましたね。

 東京で地震を感じた瞬間からテレビで被害の様を見てきたあのときの表現も『あ~そうだったな』と思い返したね。

 

 昨日は9月1日で防災の日でした。

 翌日にこの放映というのもタイミング的にばっちりだし、Tweetで『あまちゃん』を検索したらものすごいツィート量 

でした。

 明日からの展開も気になるところですがやっぱりあの日のことは忘れたくても忘れられないし、忘れてはいけない

日なんですね。

 今日はなんだか、落ち着かずあの映像が何度もフラッシュバックしてしまう1日でした。

 う~~んなんだか文章もまとまらないなぁぁ・・・

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック