ちょいちょいちょ~~~い^^;

 今年のプロ野球はセリーグは22日にジャイアンツが2年連続、パリーグは26日に創設9年にして初めて楽天が制しました。
 
 と、言ってもこれからポストシーズンが始まるわけで2位、3位のチームにも日本シリーズへの出場権のチャンスがあるんですが・・・

 まだまだ、野球ファンには一喜一憂する時間が続きますねぇ。

 ところで、今年の優勝した2チームに共通したことが気になったもんで

 優勝決定した瞬間に選手が、コーチが、そして監督がマウンド付近に集まって喜びを爆発させるでしょ?その時、選手たちが輪になって人差し指を突き上げ・・・いわゆるNo1ポーズをしていたんですな。

 このポーズ自体悪いわけではないし、1番になったからの表現としては別になぁ~~にもおかしくないんです。


 ただし・・・

 このポーズは2004年の夏の甲子園に話は遡るんですが、南北海道代表の駒大苫小牧が試合中にピンチになった時に内野手がマウンドに集まってみんなが「心ひとつになる」ということを確認するとして人差し指を突き上げたことがきっかけで、

 
画像

 
画像


 その年に初めて優勝した瞬間に全員がマウンドで人差し指を突き上げたことでその年以降優勝したチームはこのポーズをすることが定着したんですね。
 
 
画像


 楽天が優勝決定の瞬間には田中将大がやっていたけど、彼は駒大苫小牧出身なんでしょうがないか・・・
 
画像


 高校生がやることをプロがやるなよ・・・とは言いませんが、ちょいと違和感を覚えるのはボクだけかなぁぁ・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック