熱闘!

 夏の甲子園終わりました。

 初出場の群馬県代表、前橋育英高校の初優勝でした。

 2年生エースの高橋功成クン、落ち着いたマウンド度胸でしたねぇ・・・

 また新しい甲子園のアイドル誕生ですかね

 敗れた延岡学園も宮崎県の初優勝がかかっていただけに残念でした。

 どっちが勝ってもおかしくない、ナイスゲームでした。

 それにしても今大会は優勝候補が早々に敗れる波乱。ベスト8には優勝経験のあるチームが明徳と常総学院の2チーム。そして花巻東と日大山形の東北勢、富山第一が残る予想外の展開。近畿勢がまったくの不振。

 高校野球の勢力分布が大きく変わりつつあるんでしょうね・・・

 思えば、駒大苫小牧の2連覇あたりから岩手、青森の高校もいつ優勝してもおかしくないレベルになってきました。

 そしてそれらの学校はいわゆる『野球留学』の生徒はいなくて、県内生徒のみで構成しているのも注目するところです。

 個人的には、出身地である北海道に頑張ってもらいたいのですが・・・

 今年は花巻東の千葉君に目を奪われましたな・・・

 最後はいろいろ注文が付いて力を出し切れなかったのですが、ボク的にはサイン盗みのクレームはしてなかったにしろ、しょうがないかとは思いますが、ファウル問題は「いいんじゃないの」って思います。

 なんか、自分の存在価値を否定された感があるものね・・・

 これからの千葉君の野球感に変化がないといいのですが・・・

 さぁ、高校野球が終わると一気に秋がやってくるんだよねぇ・・・

 食欲の秋だねぇぇぇ・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック