昔なつかし我が故郷

 ボクの生まれ育った街、室蘭市。今年は開港140年、市制施行90年だそうです。それを記念して発行された写真集が、『室蘭の記憶-写真で見る140年』 室蘭市/北海道新聞社 編 定価 2,100円+税

 
画像


 この写真集は明治・大正・昭和そして平成の4時代で移り変わる室蘭の町並みをまとめてあります。

 よく自分の街でもちょっと見ない間に建物が壊されていると、「あれっここなんだったっけ」みたいな事って多いじゃないですか
 25年も離れた街だからなおさらの事です。この写真集を見ていたら涙ちょちょ切れもんでした・・・

 建築物にも寿命は確かにあります。老朽化した建物は災害時に二次災害を引き起こす原因にもなりかねませんからリニューアルしたり再開発したりすることは否定できませんけど、やはり寂しいものですからね・・・・

 とっても懐かしく嬉しい写真集です。(まっ、室蘭の関係者以外の方には全く興味のないものですけどね・・・)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック