近況報告です

 どうもです・・・・

 先月、6月18日以降一切のネット活動を休止していました。



 実は・・・

 6月19日に父が他界しまして・・・90歳でした・・・・


 父は15年ほど前から肺気腫という病を患い、ここ数年は酸素ボンベを携帯しての生活が続いていました。母も必死に介護していましたが昨年末あたりから介護疲れが出てきて今年の正月明けには血圧が200を超え、倒れてしまいました。
 そんなこともあり僕自身も横浜と北海道を毎月往復し続けてきましたが2月には父の心臓に水がたまり市立病院に入院しその後転院しましたが脳梗塞を併発し、6月19日の午前9時48分に90年の生涯を閉じました。


 大正12年に樺太にて生まれ、戦争時には蒙古(今のモンゴル)で抑留生活(いわゆる、捕虜)という屈辱も味わったわけで・・・
 それだけに生きて復員してきたことの話を小さい頃からよく聞かされてきました。そして誰よりもよく仕事をして、よく遊びを楽しんでいました。それが戦争で亡くなった仲間への弔いだとつい最近になって教えてもらいました。
 酒の遊びはほとんどやらない人でしたが、会社仲間とは山に山菜取りに、海には釣りと、ボクも毎週日曜日には朝から付き合わせられたもんです。今となってはもっといろんな山のポイントとか釣りの極意とか教えてもらえばよかったなとか思います。

 それに何よりボクは物心が付くか付かない頃からバットとグローブを持たされ毎日キャッチボールをしましたよ・・・毎晩、ナイター中継を見て巨人が勝てば大喜びを亡くなる直前までしていました・・・

 心残りは、小学校3年生のときに教えてもらった将棋で大人になってもとうとう1度も勝てなかったことかな・・・

 父であり、親友でもあったわけで・・・

 ボクが東京に行くきっかけの出来事があったときも何も言わずそっと応援してくれた・・・

 そんな父の最期をボクはちゃんと見届けることができたのだろうか・・・・
 もう少し、同じ時間を過ごしたかったな・・・

 葬儀は親戚の皆さんのおかげで滞りなく終え、自宅に戻ってからじっくりと父の残したものなどを整理していくと・・・

 まぁ、「人が一人死ぬ」ということは大変なもんです・・・

 銀行口座の凍結、後期高齢者保険の手続き、厚生年金から遺族年金への手続き、墓地使用許可書の手続き、何度役所を回ったことか・・・謄本から住民票を何部取ったことか・・・

 後からわかった70坪の土地・・・

 行って見たらそこは未開のうっそうとした市街化調整区域外の大草原・・・「電気もねぇ、ガスも水道もねぇ!オラこんな土地いやだぁ・・・」固定資産税は毎年800円・・・(爆)

 愛人さんがいなかったことだけはまぁ想像していた通りでした。

 今後皆さんのためにも・・・

 親の資産やいろんな書類の在り処は今のうちに少しずつ聞いておいたほうがいいです。(ボクは本当に大変な思いをしましたから・・・)


 最後に、葬儀にわざわざ北海道まで来ていただいた方、お香典、ご供花、弔電をいただいた方々・・・

 この場をお借りして改めまして感謝申し上げます。

 尚、昨日7月16日に繰り上げて四十九日法要と納骨を執り行いました。

 また、今年は喪中ですので「よさこい」活動は見合わせることとしました。なるべく祭り会場にも出向けないと思いますのでYouTube画像で楽しませてもらおうと思っています。

 母も体調が少しずつ戻ってきました。
 ボクも少しずつ日常を取り戻してきました。

 今後も皆様、宜しくお願いいたします。

この記事へのコメント

aco
2012年07月17日 21:16
初コメ失礼します。
私も昨年の暮れに母が亡くなりました。自分の親が亡くなるのはまだまだ先の話だと自分の中の「覚悟」を後回しにしていた所があり、亡くなった直後は
後悔ばかりでした。

母の身辺整理(預金とか…)はまだですが少しづつ片付けていかなくてはと思っています。
そばにいたお母様もさみしいでしょうね。
離れていても何か出来る事があると思いますよ。
(自分に言い聞かせています^^;)
お父様のご冥福をお祈り致します。
OH様
2012年07月17日 21:33
aco様>

 ありがとうございます。

 ある種、自分の親は「不死身」と子供は勝手に思っています。(いました)
 親が死ぬ・・・イメージできませんものね。
 でもボクの場合、父はやりきった感の顔だったんです。
 悲しい思いはありましたが、「お疲れ様」と思わず声をかけてしまいました。でも、出棺の際は相当しがみついちゃいましたが・・・

 > 離れていても何か出来る事があると思いますよ。

 その通りですね・・・
 母が少しずつ気持ちを強く持とうとしているのをみてもっと励ましてあげようと思います。

 acoさんも力強く励ましてあげてくださいね
 
 不定期なブログですが遊びに来てくださいね

この記事へのトラックバック