OH様のYOU-YOU(ゆーゆー)自適

アクセスカウンタ

zoom RSS 【年神様】しめ飾りの意味

<<   作成日時 : 2017/12/26 23:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 オレも年を取ったのかな・・・と最近思うのは日本の残してきた文化を改めて見直してこだわるところかなぁぁ。

 クリスマスが終わって深秋を迎える準備に忙しくなるこれから数日。

 日本も文化でもあるしめ飾り、門松などの飾りつけもの。

 庭先に門松を置くというのは最近では大きな店先やビルなどでしか見られないですね。

 玄関に飾るしめ飾りも簡略化が進んでます。

 そういえば最近は車に付けるしめ飾りはまぁ見なくなりましたね。ってか、ボクも付けてないけどね(笑)


 しめ縄・・・それは神様の領域と我々の世界を隔てる境界線という意味があるそうです。

 神社の大きなしめ縄はそういう意味で神様にいる玄関先・・・そんな意味が強いそうです。なのでそこからは悪い存在が中に入れないという意味もあるんだって。

 しめ縄に下がる紙垂という白いギザギザの形をした紙が下がっていますよね。あれは神様がここに来ていますという意味があるらしいです。

 白は心の純粋さを示しているそうで、表も裏も白いので『裏表のない心』で1年を過ごしますという誓いを込めているとのこと。

 また長寿の意味も込めてあるそうで夫婦円満を祈るとのこと。これは左右対称なことが大きいらしい。

 しめ縄に橙(だいだい)が付いていますね。(みかんではないですよ)これは代々栄えるという意味があります。

 海老は腰が曲がっても丈夫に生きている証。

 昆布は「喜ぶ」からのダジャレですな。

 『笑門』とお札は笑って幸せに暮らせるように・・・の願い。


 さて、いつ飾るの?いつ外すの?

 これは地域差もあるようです。いつしか言われた迷信めいたものもあります。

 一般的には28日辺りにまで飾るのが良いようです。クリスマスとは関係は一切ありませんが26日になると企業の入り口前には門松が置かれ始めますね。

 29日は9が苦を連想するから避けたがるようですし、31日は一般的には一夜飾りと言って嫌われてますね。

 でも、しめ飾りを作る方たちは31日まで作業しているようで付けるのは31日だそうですよ・・・全然問題ないそうです(笑)

 まとめると28日辺りまでは用意して30日に飾り付けるというのが最もいい線なのかも知れませんね。

 で、外して片づけるのは「松のうち」が明けた時に神社へ持っていくのが一般的ですが、これが地域差があるようです。

 神社によっては「どんと焼き」が行われる日も違うでしょうからお近くの神社に問い合わせた方が良いでしょう。そしてできるだけ午前中に持っていくのが良いかと。これはお天道様のパワーが強いのでね。

 しかし、最近は環境問題、」特にダイオキシンなどの有害物質が健康に影響することも指摘されており「どんと焼き」を実施しないところも少なからずあるようです。

 その場合はごみの収集に出すしかないのですがちょいと気が引けますよね・・・

 気は心ですがお塩で清め、新聞紙などで包んで処分するのも致し方ないようです。

 しがない世界ですね・・・

 まぁ、でも縁起ものですから、あまりバカにしないでだまされたと思って付けて観るのも良いんじゃない?

 神様を見捨てないですがってみるのも良いことあるかもよ・・・

 
画像

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【年神様】しめ飾りの意味 OH様のYOU-YOU(ゆーゆー)自適/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる