OH様のYOU-YOU(ゆーゆー)自適

アクセスカウンタ

zoom RSS 【人情小説】八朔の雪 〜みをつくし料理帖〜 高田 郁

<<   作成日時 : 2017/06/21 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 小説のご紹介を・・・
 
画像


 この小説は現在、NHKで土曜日の18時から黒木華主演で放映中でもあります。

 神田明神下御台所町の蕎麦屋「つる家」というお店がこの話の中心となります。このお店の料理人、澪は上方出身の女性です。この時代、女性の料理人というのはまずいなかったそうです。見栄っ張りの江戸っ子には当然受け入れがたかったそうです。

 しかし、澪の発想豊かな料理を前にして江戸っ子たちも認めざるを得なくなり徐々に評判もうなぎ上りになります。

 そして料理番付に名が載るようにまでなるのですがそれがいろいろと問題を巻き起こします。

 さて、上方出身の澪がなぜ江戸にいるのか・・・

 少女時代大坂では大雨によって川が氾濫し街を崩壊させてしましました。その際に澪は両親を奪われます。路頭に迷いさまよっていたところに大坂でも名の知れた「天満一兆庵」の女将である芳に救われます。そのままこのお店で奉公人として育ててもらうのですが主人の嘉兵衛は澪の独特な舌の感覚に注目します。そして彼女に料理の極意を伝えていこうと持った矢先にお店は焼失してしまうのです。

 息子が江戸でお店を出していることから頼りに嘉兵衛と芳、そいて澪は江戸に向かいますが息子の佐兵衛の行方が分かりません。そして嘉兵衛もこの世を去ってしまい残された芳と澪は神田御台所町の裏店長屋に身を寄せ、「つる屋」で働く・・・というのがこの話のあらましです。

 そしてこれから様々なことが彼女たちの身の振りかかってきます。

 ドラマもそうですが小説も人情溢れ、また料理を丁寧に表現しています。とても静かなドラマで見やすいですね。小説もドラマのキャスティングがバッチリとハマっていますし、サクサク読める非常に優れたお話だと思います。

 是非、ドラマもですが小説もお手に取ってみてくださいな・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【人情小説】八朔の雪 〜みをつくし料理帖〜 高田 郁 OH様のYOU-YOU(ゆーゆー)自適/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる